Menu

おすすめプロジェクター・projector

あなたはどのメーカーのどの機種のプロジェクター・projectorを購入しようと思っているのでしょうか。

それぞれプロジェクター・projectorには違いがあります。しっかりリサーチすることも大事なポイントです。

プロジェクターレンタルはAZA

DR.J 小型プロジェクター 2600lm 1080P対応 L8

どのプロジェクター・projectorにしようか迷っている方々には、DR.J 小型プロジェクター 2600lm 1080P対応 L8がおすすめです。

DR.J 小型プロジェクター 2600lm 1080P対応 L8は、低価格プロジェクターですが、みなさんのニーズをしっかり満たしてくれることでしょう。

R.J 小型プロジェクター 2600lm 1080P対応 L8は、明るさ2600ルーメンに対応することが出来、コントラスト比は2000:1を実現しているので、鮮明な画像を楽しむことが出来ます。

解像度は800×400ですがHDMI入力はフルHD信号に対応することが出来、最大170インチの大画面投影も可能です。

また、最低1mの近さからも投影することが出来るから、設置する場所をいちいち考える必要はありません。

QKK 2600ルーメン 小型プロジェクター

QKK 2600ルーメン 小型プロジェクターは、価格もリーズナブルで、静音性に優れたプロジェクター・projectorです。

音を気にしないでゲームに集中したいという方々は、このようなプロジェクター・projectorがおすすめです。

更に、明るさ2600ルーメンにコントラスト比は1000:1で、解像度は800×400と、リーズナブル価格なのに結構レベルの高さを感じます。

HDMI入力、USB・microSD・AV・VGAと言った入力にも対応することが出来ます。

AuKing 小型プロジェクター 2400ルーメンミニ M8-F

更にプロジェクター・projectorに迷っているのなら、AuKing 小型プロジェクター 2400ルーメンミニ M8-Fという選択肢もありではないでしょうか。

とにかく価格が安いプロジェクター・projectorがいいというのならこれです。

明るさは2400ルーメン、コントラスト比は2000:1とスペックはなかなか実用的と言っていいでしょう。

HDMI、VGA・USBメモリ・SDカード対応にも対応することが出来ています。

ABOX プロジェクター 小型 短焦点 3000ルーメン

更に、ABOX プロジェクター 小型 短焦点 3000ルーメンというのもおすすめプロジェクター・projectorのひとつです。

ABOX プロジェクター 小型 短焦点 3000ルーメンは、明るさ3000ルーメンに対応した家庭用プロジェクターで、明るい場所でも見やすい画面投影が出来ます。

プロジェクター 多様な規格の接続端子

まだプロジェクター・projectorについてわからないことって、みなさんお持ちなのかもしれないですよね。

最近のプロジェクター・projectorを購入したという人たちは、多様な規格の接続端子があって、パソコン以外に対してもいろいろ周辺機器と接続をすることが出来ます。

一方では、ケーブルを使用しないで、無線LANという使い方もすることが出来るでしょう。

おすすめのプロジェクターレンタル

プロジェクターのケーブルの種類をチェック

プロジェクター・projectorを購入したら、プロジェクターのケーブルの種類をチェックするという作業も必要になって来ます。

多くの人たちは、プロジェクターの接続端子は一杯種類があった方がいいと思っているのではないでしょうか。

ただし、そのような充実した環境でも、ケーブルをどの使っていいかわからないという人たちも大勢います。

結局、プロジェクター・projectorを購入したものの一度も使用しないケーブルというものもあるかもしれないですよね。

最近のプロジェクターの接続端子は多数のケーブルに対応しています。基本、私達が考えるべきことは、基本的に使用する機材の種類や用途に合わせて選択するということです。

プロジェクターの可能性を広げる

でも、プロジェクター・projectorにいろいろ接続端子がついているのですから、時間のあるときにいちいちチェックしておくことで、よりプロジェクター・projectorの可能性を広げることが出来るでしょう。

例えば、いろいろプロジェクター・projectorがありますが、S-ビデオ入力端子を備えた機種だった場合、DVDプレイヤー、ビデオカメラ、また据え置きゲーム機から直接スクリーンに映像を投映することが出来る設定になっています。

マイク端子とスピーカーがついたプロジェクターであれば、アンプなどの設備がなくても手軽にマイクを使用することが出来て、より会議などでの利用価値も高めることが出来るでしょう。

無線LANでプロジェクターを使う

そして、無線LANでプロジェクターを使うという選択肢についても考えてみましょう。

無線LANでの接続を活用すれば、プレゼンがぐっとスマートに演出することが出来るでしょう。

パソコンをインターネットに接続するとき、無線LANやWi-Fiの使用は、ほとんど当然の発想にもなって来ています。

実際には、有線接続のままでもいいのかもしれません。しかし、プロジェクターに無線LANを導入によって、快適性は倍増するかもしれません。

新着記事