Menu

パナソニックレッツノートに外付けモニター・monitor

バナソニックのレッツノートを所持しているビジネスマンがとても多くいます。そのような人たちがノートパソコンというデメリットを解消させるための方法として、外部モニター・monitorの活用について考えていると言います。

外付けモニター・monitorによって片方の画面でExcelを表示しながら、もう一方でPowerPointで資料を作成すると言った効率のいい作業を実現することが出来ます。

プロジェクターレンタル

モニターレンタル

どのような人たちにおすすめなのか

そもそもレッツノートを持っているだけで、全部の人たちが外付けモニター・monitorが必要ということではありません。でも、外付けモニター・monitorがあれば、データを参照しながら資料作成をすることが出来たりし、ビジネスシーンにも有効的に活かすことが出来ます。

Windows をいちいち切り替える手間を大幅削減することが出来ます。

原稿を見ながらPhotoshopで加工を行うなど、いろいろな使い道を考えることが出来ます。

プログラミングの場合は、コードを打ち込みながら、プレビューや実際の画面をチェックすることも出来ます。

更にビジネスシーンでは、パソコンで資料やWebページを参照し、もうひとつのモニター・monitorでは、ビデオ会議を行うことが出来ます。

接続方法

外部モニター・monitorに対しての接続は、「HDMIケーブル」か、「アナログRGB(VGA)ケーブル」です。

アナログRGB(VGA)端子は、映像のみを出力することが出来、音声はパソコン側から流すことが出来ます。

ケーブルの長さによって画質に影響が出てしまうかもしれないということも、購入の際に注意しなければならないポイントです。

HDMI出力端子のついているノートパソコンなら、外部ディスプレイ側から出力される音声でもパソコン操作を行うことが出来ます。

外部モニター・monitorにもいろいろな種類がありますが、中には、アナログRGB・VGAオンリーということもあります。

パソコン側に、アナログRGB(VGA)端子がついていないケースでは、外付けの変換ケーブルを購入する必要が出てきます。

簡単に接続

レッツノートなら、ノートパソコンを簡単にモニター・monitor接続させることが出来ます。

デスクトップ画面の何もないところで右クリックしてください。

「ディスプレイ設定」という表示が出てくるので、クリックします。

「複数のディスプレイ」を選択して、「表示画面を複製する」を「表示画面を拡張する」に変更をしてください。

新着記事